CAFE&BAR 1-Point情報


【入谷朝顔まつり!】
7/6〜7/8の3日間
当店目の前の通りで
入谷朝顔まつりが開催さ
れます♪
当店では朝顔市特別営業
を行ないます。
朝顔市期間の営業情報はコチラ♪

【貸切・休業情報】
6/4(日)全日
6/10(土)17時〜閉店
6/11(日)全日
6/16(金)17時〜閉店
6/18(日)全日
6/23(日)17時〜閉店
6/24(土)17時〜閉店
6/25(日)全日
6/29(木)開店〜16時



CAFE&BAR 1-Point
【住所】
東京都台東区下谷1-13-10苗木ビル1F
【TEL】
03-3842-2090



【営業時間】
日月火11:00〜22:00
木金土11:00〜翌2:00
定休日→水曜
※日曜日は貸切やイベントなど特殊営業
を行なう為、通常営業お休みの可能性大
細かい情報はfacebookページで♪

当店のfacebookページはコチラ♪
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

 元演劇音響屋のカフェ店長・Makoichiが送るお店と趣味のブログ♪
<< 2014W杯 アジア最終予選「日本vsオマーン」放映予告 | main | 『ペットとおでかけ '13〜'14』掲載♪ >>
【音響実験】「SoundHound」 vs 「Shazam」 性能がいいのはどっち?

はい!CAFE&BAR 1-Pointのマスター、Makoichiでございます。
今回はお店の話題から離れまして趣味の音響話を…(^^;)

スマートフォンで人気のアプリ「SoundHound」「Shazam」
これは、お店の店内などで流れている音楽を聴かせるだけでその曲が誰の曲何というタイトルなのかを検索してくれる楽しいアプリケーションです。



さて、その「SoundHound」と「Shazam」ですが、どちらの音楽検索アプリが優秀なのかというのをネット上でコメントしてる人を見かけます。

「SoundHound」は、検索できる幅も広く鼻歌での検索が可能。「Shazam」は鼻歌検索はできないが、オリジナル楽曲を検索するにはうってつけ…みたいな書き込みも見かけました。曲の得意ジャンルも検索の方法なども違うと思うので一長一短かもしれませんが、検索できる曲数などを考慮すると「SoundHound」に若干分があるように思われます。

そこで今回は少々、視点をずらした検証実験を行おうと思います。
普通ならば「自分の探したい曲をいかに見つけられるか?」によって皆さんはこのアプリ達の優劣をつけると思います。そうなるとその人の曲の好みによって評価は変わってきます。「SoundHound」と「Shazam」にもそれぞれジャンルの得手不得手があるようなので…。

私の実験は「SoundHound」と「Shazam」のどちらでもすでに検索可能な曲を使って行います。
その中で…

「もし曲のテンポ(再生スピード)が変わってしまったら?」
「もし曲のキーが変わってしまったら?」
「もし曲が劣化してしまっていたら?」
「もし曲に有り得ない程のリバーブがかかってしまったら?」


…このような特殊状況下において的確に曲を判別できるか?というちょこっと意地悪な実験を行い「SoundHound」と「Shazam」のどちらが優秀かを検証していきます。

どっちのアプリが勝つか予想しながら読むと楽しめるかもしれませんよ?(^-^)



実験の舞台はCAFE&BAR 1-Point店内。店内のスピーカーから曲を流してアプリに検索させます。お客さんがいない時を見計らってこそこそと実験を繰り返してました(笑)大通り沿いなので車の走るノイズなどはありますが、実験には支障のないレベルです。

では実験開始っ!(^o^)/

SoundHound VS Shazam

【ルール】
使用するアプリは両者とも無料版
使用するスマートフォンは「Optimus chat L-04C docomo」(古い機種でゴメンナサイ…)
使用曲:Dancing Queen (ABBA)
 舞台or映画の「Mamma Mia!」で有名なABBAの名曲です♪
使用曲である「Dancing Queen」に、あるエフェクトを加えた状態で再生。3回以上の検索をかけて如何に的確に「Dancing Queen」を導き出せるかで勝敗を決める。

【判定】
高い確率でヒット「○」
半々くらいでヒット「●」
何度かやってたまにヒット「△」
苦しいけど根気よくやればまれにヒット「▲」
何回やってもヒットしなかった「×」

まずはお互いに通常の「Dancing Queen」を検索できることを確認。

左がSoundHound、右がShazamです。正常に検索できていますね♪


Round  悒織ぅ爛好肇譽奪疎亰茵

曲のテンポを加速、または減速し、正確に曲を当てられるかを検証。

スピードが変わっても音程は変化しないように調整。
まずは減速から実験。結果は以下の通り。



これは驚き!「Shazam」がもの凄い粘りを見せて大差をつけました!
ひょっとしたらまだもう少し記録を伸ばせるかもしれませんが、結構大変なのでこれくらいで…(^^;)

続いて加速実験



これもShazam優勢の結果ですが、ここでちょっとトラブルです。
◆の部分。テンポアップからSoundHoundが「Dancing Queen」のリミックス版を感知してしまいました(笑)

上記写真はSoundHoundの画面で、左が0.8倍、右が0.7倍の検索結果。
Shazamはノーマル版を感知していますが、これはSoundHoundの曲登録数の多さが仇となった結果なのかもしれません。

もう一回別の曲を使用して再実験してみます。
使用曲:Couple Days Off(Huey Lewis & The News)
私の好きなヒューイ・ルイスの曲で昔「Budweiser(バドワイザー)」のCMで使われてた曲です。
バドワイザーは私のお店CAFE&BAR 1-Pointでも販売中♪

…って宣伝はこれくらいにして(笑)
この曲ならばリミックスが反応する事はないと思われ…(^^;)
再度実験開始!



あれっ?両者とも思ったよりも早く脱落してしまいました。
ちょっと期待してたShazamなんか0.9倍でもうアウトでしたね〜。
元々テンポの速いロックを使用したので、厳しかったのかもしれません。

第1ラウンドは減速実験で驚異の粘りを見せたShazamの勝利!


Round ◆悒團奪船轡侫搬亰茵

カラオケの様にキー(音程)を変更した曲を使用します。原曲から半音ずつずらしていき、どこまで認識できるかを検証。
♯:半音上げる
♭:半音下げる
実験結果がこちら。



あらら…どうやら曲検索アプリはピッチシフトに弱い模様。若干ずれることを想定したのか♯1にはかろうじて対応って感じです。
SoundHoundは鼻歌検索ができるというふれ込みがあるのでピッチシフト対決は優勢なんじゃないかと予想してたのですが、鼻歌検索も原曲のキーで刻まないといけないみたいですね…。
♯1の反応差でShazamが辛勝といった感じです。


Round 『Lo-Fi対決』

エフェクトでわざと音質を劣化させた曲を使用します。これは先の実験の様に何倍速とか♯1というような表現ができない為、私の個人主観での劣化具合をLV.(レベル)として表示していきます。



Shazamがノイズの奥の劣化したメロディラインを聞き分けSoundHoundを圧倒しました!

これ、劣化具合をお聞かせできないのが残念です。編集で手を加えているとは言え、著作等の問題がある為、編集した音源に関しましてはアップすることができません…。ゴメンナサイm(__)m


Round ぁ悒螢弌璽崑亰茵

曲にリバーブ(エコー)をかけての実験。
リバーブの強さは劣化実験同様Lv.(レベル)で表示します。



コレも面白い結果です。Lo-Fiに比べて人間には聞き取りやすく、なめらかで心地よい響きなのに検索アプリ達は予想よりも早い段階で脱落してしまいました。
おそらくこれは、リバーブをかけたことによりメロディの音符と音符の境が不鮮明になったことでラインを読み取れなくなったのではないかと思われます。

第2ラウンドよりもさらに僅差という感じでSoundHoundが辛勝

SoundHoundは初の白星です。


Round ァ悗修梁梢А溝亰茵

その他色々な編集加工をしてアプリが認識できるか実験です。



コレもちょっとちょっと面白い結果です。低音域カットの実験からSoundHoundは低音重視、そしてトレモロやビブラートに強い事から、激しいロックなんか得意とするところなのかもしれません。いや…鼻歌の様に不明瞭な所も捕えやすいという事かな?Shazamはバランス型といった感じですね。
第5ラウンドはボーカルカットの差からSoundHoundの勝利とします。


はいっ、総合結果です!

「SoundHound」 2Point
「Shazam」 3Point


…で、「Shazam」の勝利!

Shazamの性能、結構いいですね。
いままでSoundHoundばかり使っていましたがShazamも好きになりました。
まぁ〜いろんな方面でそれぞれにも得意不得意がある事が判りました。
結論としては「両方使いましょう!」…って事で無難に締めます(笑)

長いレポートで申し訳ありませんでした。
最期まで読んで頂いてどうもありがとうございましたっ!(^o^)/



今回の実験、もし気に入って頂けましたら、「いいね!」とかシェアとかコメントなんかを頂けるととっても嬉しいです♪


また、今回の実験は私(Makoichi)が個人的に検証した一例です。
アプリと使用するスマートフォンとの相性なんかもあるかもしれませんので、鵜呑みにしないでくださいね(^^;)

著作権の問題もあるので、今回使用した(編集した)曲はアップしていません。もし、別の(自分の)スマホを使って同条件で実験をしてみたいという方は、私のお店(CAFE&BAR 1-Point)に遊びに来て頂ければ編集した実験用の曲データを店内スピーカーで流しますよ〜♪(まぁ〜他に一般のお客さんがいたらできないかもですが…^^;)
| ☆コラム☆ | 20:55 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
面白い記事でした。

2016年版の性能はどう変化してるかとかも知りたいです。

またおなじようなAppが出ていたら教えてください。
| 時計 | 2016/11/08 10:21 PM |










http://rainbow-talt.jugem.jp/trackback/857